クンジン(パプアニューギニア)

 
1kg
3kg4,200円(税抜)
在庫なし
品番 8932
定価/1kg 1,680円(税抜)
購入数
パック


インプレッション

マイルドな甘さ、コクもある。チョコレートやキャラメルのような甘さと、ハーブのようなスパイスもあります。

日々カッピングを行い、品質維持に努めるセントラルミル

スペシャルティコーヒー生豆 クンジン(パプアニューギニア)
※ご使用されている機種・ディスプレイにより、生豆の色は実際の商品と異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

私たちは、これまでの取り扱いの中でも最も素晴らしいパプアニューギニアのロットをご提供できることに興奮しています。“クンジン”は、セントラルミルの名称で、ここでは高地に暮らす小規模生産者からコーヒーチェリーを買い取り、生産処理をおこなっています。我々の現地パートナーはここで、生産処理、乾燥の工程を管理し、品質維持に努めています。日々カッピングを行い、ロットごとにコンテナに詰めていくほか、優秀なロットは別のロットと区別してマイクロロットして出荷できるようにします。

パプアニューギニアのコーヒー生産について

パプアニューギニアは多様性に満ちた国家です。国内では800以上の言語が話されています。高地に住む原住民族の多くは、 1930年代まで西側の世界と接触することがありませんでした。現在では西側の影響と原住民族の伝統が融合され、相反する側面を持った国になっています。

商業用コーヒーの生産が始まったのは、ブルーマウンテンの品種(有名なティピカ種)がジャマイカから持ち込まれた1920年代です。その頃、大半のコーヒーは18ある大規模農園で栽培されていました。その頃の大規模農園は今でも存在しますが、全体の生産量の15%しか占めません。現在、生産の大半は「コーヒーガーデン」と呼ばれる小規模農園で行われてます。彼らは自給自足の農業従事者であり、様々な作物と同様にコーヒーを栽培しているだけであって、所謂「コーヒー(専門の)生産者」というものはいない、というのが実際のところです。彼らの「コーヒーガーデン」には100〜200本ほどのコーヒーの木があり、パーチメントでの生産量はおよそ25〜65kgになります。

クンジンは、マウントハーゲンに程近いウエスタンハイランズのワギバレーの1,400〜1,800m間に住む小規模生産者のコーヒーです。コーヒーは、古い大農園が所有する専用のジョン・ゴードンというブランドのウェットミルで、生産処理されます。パプアニューギニアでミルや土地を所有することはリスクがあり、現地生産者の信用を得るのに時間がかかります。一旦契約したとしても、ミルが「儲けている」とわかったとたん、彼らが心変わりをする事もあるのです。

パプアニューギニアの今後の課題

個人的に、私はパプアニューギニアで仕事ができることを、この国のことを知れば知るほど大変嬉しく思っています。
2012年の最初の訪問では、ジャカルタでスーツケースがなくなってしまい、帰国まで取り戻せなかったため、仕方なく首都ポートモレスビーでヴィジョン・シティ・メガ・モール(ショッピングセンター)までタクシーで赴き、ほとんど選択肢がない中、50米ドルでクイックシルバーのTシャツを購入しました。マウントハーゲンのハイランダーホテルでは、ゴキブリが現れる部屋が一泊一部屋300米ドル、キッチンではなくスイートルームを予約すればぐっすり眠れるでしょうね。
その一方、地方は非常に少ない収入の低所得者層が生活しています。この不均等の生まれる理由の一つとして、鉱山業が挙げられます。多国籍企業が、非常に資源価値のある鉱物を採掘しており、地方の労働者を安い賃金で雇っているためです。
パプアニューギニアは非常にポテンシャルを持った国の一つですが、まだまだ物足りないのが現状です。古くからの品種や、高い標高などの好環境がありますが、トップクオリティのコーヒーを生産するには、社会的、経済的に課題があります。しかしながら、今年のカップクオリティには非常に満足しています。これからも、より良い品質のものを提供しつづけます。

- ピエロ・クリスティアーニ(コーヒーバイヤー)

生産国パプアニューギニア
地 域ウエスタンハイランズ ワギバレー
農 園小規模生産者
品 種アルーシャ、ブルーマウンテン、サンラモン
標 高1,400〜1,800m
生産処理水洗式
クロップ(入港)2015-16(2017/7)
Cafe Imports
カッピング
Chocolate, lime and peanut.
当社カッピングチョコレート、ライム、ピーナッツ、ハーブ、ペッパー、アーシー
この生豆の測定値
水分含有量:10.4%
密度:814g/l

※この銘柄についての詳しい情報はCafe Importsのホームページでもご確認いただけます。

お問い合わせはお気軽にお電話(TEL:0798-35-2980※受付時間:平日9:00〜18:00)またはメールで〜メールフォームからお問合わせはこちら

PAGE TOP ∧