アギレラ ブラザーズ-フィンカ トニョ-ヴィジャサルチ-ハニー(コスタリカ)

 
1kg2,100円(税抜)
在庫なし
3kg
5kg
品番 10711
購入数
パック


インプレッション

コスタリカといえばハニー精製! 甘さとなめらかなボディのあるコスタリカらしいハニー精製のコーヒーです。 同じマイクロミルのウォッシュドもご用意しているので、一緒にお客様に提案して頂けると、精製方法による味わいの違いがわかると思います。 浅煎り〜中煎りがおすすめです。

12人兄弟の情熱が作った高品質ウッォシュド

スペシャルティコーヒー生豆 コスタリカから、次はウォッシュドのニュークロップの登場です!
※ご使用されている機種・ディスプレイにより、生豆の色は実際の商品と異なって見える場合がございます。予めご了承ください。

12人兄弟のアギレラたちは、ウエストバレーで2世代続くコーヒー生産者一家です。彼らの父は、70年前にその地域でコーヒー栽培を始めた生産者の一人です。近隣の農家たちは、そこではコーヒーは育たないと忠告しましたが、今やその地はコーヒーが豊富に育ちます。彼の息子たちのアギレラ兄弟は、コーヒー栽培のため一緒に働いています。親戚と彼らは2007年のカップオブエクセレンスで4位に輝いたときの報酬で建てたマイクロミルをたて、共同経営しています。

最初、彼らの父はミルについて疑いの目で見ていましたが、しかし彼が喜ぶ結果になりました。ミルを持つ以前は、彼らは地域の協同組合にコーヒーを売っており、そのロットを買ったロースターたちと繋がりをもつことはありませんでした。「以前は誰も訪問してきませんでした。」とマイクロミルのゼネラルマネジャーの兄エラスモは言います。「今やフィードバックを得ることができ、その人の好みのコーヒーを作ることができる。」彼らは、多種多様な品種を栽培しており、ゲイシャ、SL-28、ブルボン、ヴィジャサルチです。良い品質と耐さび病のバランスを図るのが狙いです。

これは、サルチ村で見つかったヴィジャサルチのロットで、カトゥーラに似ており、ブルボンより矮小種で40%以上収穫量が多く、ブルボンの突然変異種です。

生産国コスタリカ
地 域ロス ロブレス デ ナランホ    ウエストバレー
農 園フィンカ トニョ
品 種ビジャサルチ
標 高1450m
生産処理Honey
クロップ(入港)2016-17(2017/9)
Cafe Imports
カッピング
“Balanced and sugary with fruit acidity and a smooth mouthfeel; big citrus fruit flavor with grape, apple, lime and caramel.”
当社カッピンググッドスイートネス、ハニー、洋ナシ、スムースマウスフィール、キャラメル
この生豆の測定値
水分含有量:9.6%
密度:896g/l

※この銘柄についての詳しい情報はCafe Importsのホームページでもご確認いただけます。

お問い合わせはお気軽にお電話(TEL:0798-35-2980※受付時間:平日9:00〜18:00)またはメールで〜メールフォームからお問合わせはこちら

PAGE TOP ∧