HONDURAS

2商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
2商品 1-2表示
  • <
  • 1
  • >
2商品 1-2表示
  • < Prev
  • Next >

ホンジュラスのコーヒー生豆について

概要
コーヒー生豆生産地風景〜ホンジュラス
  • 言語:スペイン語
  • 年間輸出量:610万袋(4億2090万kg)
  • 平均農地面積:1.5〜50ヘクタール
  • 精製方法:Washed
  • 栽培地域: Agalta, Comayagua, Copan, Mentecillos, Opalca, El Paraiso
  • 栽培品種: Bourbon, Caturra, Catuai, IHCAFE 90, Lempira, Typica, some experimental varieties
  • 収穫期:11〜4月
  • コーヒーに関わる人口:およそ11,000,000人
  • 入港時期:5〜7月
歴史
ホンジュラスの起源については明確ではありません。コーヒーが最初に国に来た時期と方法についての報告は文献によって異なりますが、従来の知識ではコマヤグア部門で最初の収穫年は1804年と記されております。いつ最初のコーヒーノキが栽培されたかはさておき、コーヒー産業は以来国の財政において重要な役割を果たしてきました。特に2009年の金融危機の際国の経済再建に大きな役割を果たしたとして高く評価されております。
1970年に設立された(2000年に民営化された)この国のInstituto Hondure & odelCafe(IHCAFE)は、インフラを促進する事で品質の良い生産物販売出来るマーケットを提供し、より困難な品種を栽培する為の知識や技術を多くの小規模生産者達に提供しました。IHCAFEはまた、国のカップオブエクセレンスの開催とマーケティングにも深く関わっており、その働きにより最高品質ロットへの注目が集まった事で生産者へのマーケットやアピールの場所を提供しております。
ポテンシャル
 コスタリカやエルサルバドル、そしてグアテマラなどの他の中米の生産国と比べ、セクシーな評判に欠けているにもかかわらず、ホンジュラスは密かに中米の中で一番多くの生産量を誇る国へと成長していき現在では世界でのコーヒー豆輸出ランキングにて7位となるまでに爆発的な成長を遂げました。ですがホンジュラスから確かな生産量はありますが、隣国の様に繊細なスペシャルティコーヒー市場をサポートするインフラが整っていない為、品質の高いロットを探す事は今のところ難しい状況も続いております。
ホンジュラス中央銀行は、コーヒーが国の最大の農業輸出であり、2015/2016年の収穫は約610万袋であると報告しています。ですが残念ながら、低価格と低品質「ブレンダー」の評判により、生産者は品種や精製またはマーケティングに投資するために必要な資本を得ることが難しくなっております。
乾燥工程がコーヒー精製の中で特に問題(弊害)が大きい工程となっており、その事がホンジュラスを特別な生産地として認識させる事を妨げてきました。気候の影響により、より多くの生産者が完全に機械乾燥に頼った精製を余技無くされており、機械乾燥はたしかに乾燥の速度を上げ生産効率を上げますが、生豆の水分保有量や水分活性値が均一となり難い為品質の低下が問題視されています。
カップオブエクセレンスを代表とする高品質ロットの評議会が注目を集めた事で、大規模農園を保有する生産者達や多くの資金を保有する生産者達が挙って新しい品種や技術また精製方法の実験を始め、嬉しい事に技術の向上やインフラに流れが向いてきております。IHCAFEによる研究や努力は、ホンジュラスの生産者の間でのスペシャルティコーヒー市場の認識の高まりにも貢献しており、メディアやソーシャルメディアによってよりスペシャルティコーヒーへの注目が国内で高まりつつあります。
Café importsとホンジュラス
過去数年間、Café Imports買い付けチームは、気候的要素や精製の多様性また細部への気配りが備わった生産者との関係性探し、ホンジュラス中を散策しておりました。私たちはラパスのマルカラにある250人のメンバーからなる組織であるCooperativa RAOSなどの品質重視の協同組合と強い関係を築く事が出来、そこでは安定した結果や最も品質の高いマイクロロットを産出しております。その他にもエルサルバドル国境近くの南西部で、別の未来性のあるマイクロロット開発プログラムを現在模索しています。
ホンジュラスのコーヒーはマイルド(ナッツ感の甘みに重たいコーヒー感)がありますが、個性や特徴がきわだったグアテマラや高品質なコスタリカに比べて特徴的な酸味が無いと比喩される傾向にあります。ですが私達は品質の向上や品評会での評価を得る為に日々研究や努力を重ねる生産者達には明るい未来がある事を確信しております。

※ホンジュラスの生豆についての詳しい情報はCafe Importsのホームページでもご確認いただけます。